Design → Problem solving 

建築家の作品は、確かに普通ではないかもしれません、、、、。問題解決について、常に「新しさ」を加える事を重視しているからです。でも、それは奇抜な事をしようというものではありません。総合的に検討した結果、合理的で美しい問題解決とするからにすぎないのです。「明かりが必要だから窓が欲しい」という何気ない要望も、様々な機能や法的な問題等を考慮すると、単に壁に大きな引違窓を付ける事が答えではない場合もあるのです。例えば、これは焼津市にある「とりりん」という精肉店(設計:マウントフジ・アーキテクツ)。シンプルな構造の組み合わせと、室内の様々な位置に外光を取り入れるハイサイドライトによる解決手法を同時に採用したわけです。一見、普通ではないが、合理的な理由がそこにはあります。我々、建築設計者は常にそのような合理的で美しい問題解決を探すために多くの時間とエネルギーをかけていることをご理解頂ければ幸いです。

写真 3写真 1写真 2