企業へのプレゼンから

ある企業から、所有するビルのデザイン提案の依頼をうけて、先日プレゼンを行ってきました。

社長へのヒアリングから、あまりにも無味乾燥気味な外観とエントランスがテナント検討者に

対するイメージが悪いので、改善していきたいという要望と受けました。

0621

低層部分に静岡の地元の木を用いたルーバーで透明感と親近感をあたえ、

タワーパーキングの外壁面を緑化することで環境に配慮するイメージを提案しました。

私としては、まだあまり具体的な方針が決めきれていないようだったので、社内で議論

がスタートできるように勝手に「こうあったら」を投げかけてみたという、、、。

 

じつは、結構イメージが具体化する前からのお手伝いするパターンも多いですね。

つまり、「何らか不満・問題」は感じるけど、具体的な問題点・解決方針が定まっていないので、

なんらかの「ビジョン」を描くことが求められることも仕事であったりします。

最近は、企業からの依頼が少しずつ増えていますので嬉しい限りです。

さて、プレゼンでは感触を得たものの、どんな反応があるのかドキドキ(楽しみ)ですね。